エアトリで物々交換できるバンクの「モノ払い」をGardiaが全力サポート

次の記事

CASHが“モノでモノが買える”新決済手段「モノ払い」をリリース

Gardia(ガルディア)は6月12日、バンクが始めた新しい決済手段「モノ払い」に対する、独自の与信審査サービスと債務不履行リスクに対する保証サービスを提供開始した。

Gardiaは、飲食店などでの予約に対する無断キャンセルや代金後払いなどのリスク保証サービスを展開している2017年設立のスタートアップ。光本勇介氏が率いるバンクは、品物の写真を撮るだけで査定額が即時算出されて現金化できる「CASH」、航空券やホテル宿泊などの費用で後払いで旅行に行ける「TRAVEL Now」などのサービスを展開している。

今回バンクが始める新決済手段「モノ払い」とは、購入したい商品の決済時に現金やクレジットカードではなく、手元にある品物を使って決済できる。前述のCASHのシステムが利用されており、手元にある商品の写真を撮れば査定額が判明するので、その査定額ぶんで新しい買い物ができるという仕組みだ。

本日から、エボラブルアジアが運営する総合旅行プラットフォーム「エアトリ」で「モノ払い」を利用できる。また、nano・universe(ナノ・ユニバース)が運営するオンラインストアでの導入も予定されている。

【2019.06.12 18:40修正】nano・universeでは現在「モノ払い」には未対応で、今後の導入が予定されています。お詫びして訂正いたします。