ボルボのスポーティな自動運転電動トラック「Vera」がスウェーデンで運行へ

次の記事

ウォルマートの食料日用品配達が年間98ドルで無制限利用できるように

Volvo(ボルボ)の子会社が開発する自動運転電気トラックのVera(ヴェラ)は、人々が予測するような姿ではない。その見た目は地面を這うスポーツカーのようで、座席がないことが強調されている。しかしこの見た目の本当の理由は、車両が完全に自動運転されるからであり、スウェーデンのGothenburg港にて近日運行を開始するためにあつらえられているのだ。

Veraの最初の仕事は、物流センターから港のターミナルへと、船に積み込まれるトレーラーに積載された商品を配送することだ。今回の電気自動車による商用利用は、物流会社のDFDSと提携して実施される。

Veraの利用は、世界中の物流センターから配送先へと商品を輸送する巨大な接続システムを1つに取りまとめる。これらは自律的に動作するが、コントロールタワーのオペレータによって監視され、また最高時速も時速24マイル(約39km)に抑えられている。

これらは現在は基本的に重厚なトラックに過ぎないが、もし成功すれば世界中の港湾施設にて同様のサービスを提供することで、多くの潜在的なビジネスを生むだろう。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter