アプリ開発からユーザー分析までをSaaSで一気通貫、ヤプリが約30億円を調達

次の記事

「日本酒を世界酒に」SAKEスタートアップのWAKAZEが1.5億円を調達、パリに醸造所設立へ

ヤプリは6月17日、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表した。

具体的には、Eight Roads Ventures Japan(旧・Fidelity Growth Partners Japan)がリード投資家となり、既​存株主のグロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタル、そして新たにSMBCキャピタルを引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫からのデットファイナンス(金融機関からの借り入れ)。内訳は、第三者割当増資で約22億円、デットファイナンスで約8.5億円。

なお、同社はこれまでグロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタル、salesforce.com, inc、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、川田尚吾氏らから約10億円の資金調達を実施していたので、累計調達総額は約40億円となる。

300社超の導入実績があり、解約率は1%以下と好調

ヤプリは、2013年4月設立のスタートアップ。プログラミング不要でスマートフォンアプリの開発・運用を可能にするサービス「Yappli」を提供している。これまで300社以上の企業が導入済みで、解約率は1%以下を維持。売上高は前年比約2倍で成長しているそうだ。また、Yappliで開発されたアプリの累計ダウンロード数は3500万(2019年5月実績)を突破したとのこと。

今回調達した資金は、主にプラットフォームの拡大に必要なプロダクト開発と人材の採用、マーケティング活動へ投資する。マーケティング関連では、機能開発と並行した広告活動へ投資することで顧客基盤の拡大などを目指す。