PartNet
データセット
家庭ロボット

ロボットが電子レンジを普通に使えるようになるためインテルが奮闘中

次の記事

PayPayが7月還元に向けて新たな動き、サーティワンアイスで決済可能に

コンピューターやロボットのトレーニングは、オブジェクトを理解して認識する(たとえば、オーブンと食洗機を区別するとか)だけでは終わらない。人が日常行っている比較的簡単な作業ができるレベルにまで、訓練を重ねる必要がある。人工知能に冷蔵庫と薪ストーブの違いを教えることができても、本当に実用的なロボットにするには、それらの器具を操作できなければならない。

Intel(インテル)のAI研究者たちが、カリフォルニア大学サンディエゴ校とスタンフォード大学と共同で取り組んでいる新たな課題がそれだ。コンピュータービジョンおよびパターン認識のためのカンファレンスで発表された報告書では、各部品に完全な注釈が付けられた非常に精細な3Dオブジェクトの大規模なデータセット「PartNet」を、共同研究チームはがどのように構築したかが詳しく説明されている。

このデータセットは他に類がなく、すでにロボティクス企業の間で需要が高まっている。なぜなら、オブジェクトを現実世界で認識し操作できるようデザインされた、人工知能用の学習モデル生成のための高度なアプリケーションを備えることで、オブジェクトを部品に分割して構造化できるからだ。そのため、例えば上の画像のように、電子レンジを手で操作して残り物を温め直す作業をロボットにやらせたいときは、ロボットに「ボタン」のことと、ボタンと全体との関係を教えてやればいい。

ロボットはPartNetで訓練を行うのだが、このデータセットの進化は、どこかの道端に放置された「ご自由にお持ちください」とドアに貼り紙されたいかにもCGっぽい電子レンジを操作するだけに留まらない。そこには2万6000種類以上のオブジェクトがあり、それらは57万個以上の部品で構成されている。そして、カテゴリーの異なるオブジェクトで共通に使われる部品には、すべてが同類であることを示すマーキングがされている。そのため、ある場面で椅子の背を学んだAIは、別の場面でそれを見かけたときに椅子の背と認識できる。

これは、ダイニングの模様替えをしたいが、ロボット家政婦には、お客さんが来たときに、古い椅子でしていたのと同じように、新しい椅子の背も引いて勧めさるようにしたい、なんていうときに便利だ。

たしかに、今私が示した例は、遠い彼方の、まだまだ仮想の未来から引っ張ってきたものだが、世の中には、完成を目の前にした、詳細なオブジェクト認識のためのもっと便利なアプリケーションが山ほどある。しかも、部品特定能力は、汎用オブジェクト認識における判断力を強化してくれるはずだ。それにしても、家庭用ロボティクスにあれこれ思いを巡らせるのは、じつに楽しい。そこに、現在の進歩したロボティクス技術の商品化を目指す数多くの取り組みが集中している。

[原文へ]

(翻訳:金井哲夫)