歯科医療者向けSNSの「1D」が3500万円の資金調達、歯科材料通販大手と提携し会員獲得基盤を強化

次の記事

【残席わずか】6月20日開催のTC SchoolにSTRIVEの堤氏が登壇、テーマは「チームビルディング(2) 〜チームを育てる〜」

歯科医療者向けのSNS「1D」提供のワンディーは6月17日、歯科医院向け通販を手がけるフィードと資本業務提携を締結し、同社を引受先とする3500万円の第三者割当増資を実施したと明かした。

昨年TechCrunch Japanが主催したイベント「TechCrunch Tokyo 2018」内のピッチコンテスト「スタートアップバトル」のファイナリストであるワンディーにとって、今回が初の資金調達となる。

2017年1月設立のワンディーは2018年7月に1Dをリリース。1Dは歯科医療者が臨床知見や顧客から受けた相談内容をシェアするプラットフォーム。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士など歯科医療者が集まるSNSとなっており、これまでに8000名以上の歯科医療者が会員登録し、1000件以上の症例がシェアされた。当初はウェブ版のみだったが、現在はiPhone版ならびにAndroid版もリリースされている。

ワンディーいわく、「日本の歯科医院は『ひとり開業医』が多く、臨床知見の共有に課題が生じていた」。そのため、「オンラインで症例をシェアする場を作ることで、歯科医療者みんなで作るナレッジベースの構築に取り組んでいる」。

ワンディーは他にも「世界の歯科スタートアップ最前線」と題された記事などを発信する歯科医療ニュースメディアの「1Dニュース」、歯科国試に向けた勉強用アプリ「1D歯科医師国家試験」、歯科衛生士国家試験の対策アプリ「1D衛生士国試」なども展開している。

「全国の歯科医院の90%以上を顧客に持つ」というフィードとの資本業務提携により、ワンディーは会員獲得基盤をより強化し、歯科医院向けの新規事業を創出していく。「歯科医療の業界特化スタートアップとして株式上場を目指す」そうだ。

ワンディー代表取締役の松岡周吾氏いわく、同社は調達した資金をもとに、開発体制を強化し、コンテンツの拡充を目指す。1月には1Dにイベント機能が実装されたと発表されたが、今後は辞書機能の「ライブラリー」などを追加する予定。また、フィードの扱う商品を「レビュー」できるようにしていく。