Googleがスタートアップ支援の「Google for Startups Campus」を東京・渋谷ストリームに年内オープン

次の記事

中国初の自動運転ユニコーン企業Momentaは利益よりもデータを追う

Google(グーグル)は6月18日、2019年内に「Google for Startups Campus」を渋谷ストリームにオープンすることを発表した。ロンドン、マドリード、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワに続き、世界で7番目のキャンパスとなる。

Google for Startups Campusとは、アーリーからグロースステージのスタートアップ企業に向けて、グローバルサポートとツールを提供する場所。ワークスペースやコラボレーションスペース、イベントスペースなどが併設される。同社のプログラムに参加するスタートアップはメンター制度も利用可能だ。なおスタートアップ向けのプログラムの募集は、キャンパス開設後の来年初頭を予定しているとのこと。

対象となるスタートアップは、アーリーもしくはグロースステージであること、開発している製品やサービスがグローバルをカバーできるかどうかが選考基準となる。プロダクトやサービスの開発にGoogleのサービスを使っていることが必須ではなく、AWSやAzureでサービスを開発しているスタートアップも対象となる。

2018年には、世界各国のGoogle for Startups Campusから生み出された仕事の数は4550件、資金調達額は8億ドル(約867億円)、研修やメンターシップを受けた人数は1万4000人とのこと。

渋谷ストリームは、渋谷駅ホーム南方の線路跡地に建設された高層ビルで、今秋にグランドオープンを迎える。上層はオフィス階になっており、今秋以降にグーグルの日本法人も六本木ヒルズ森タワーから引っ越す予定だ。