イベント情報

【残席わずか】6月20日開催のTC SchoolにSTRIVEの堤氏が登壇、テーマは「チームビルディング(2) 〜チームを育てる〜」

次の記事

月面のピット(竪穴)をロボで偵察して月の可住性を調べるNASAのプロジェクト

4月開催の第14回に続き、6月20日に第15回で今年2回目の「TechCrunch School」の開催が決定した。TechCrunchでは、例年11月に開催する一大イベント「TechCrunch Tokyo」のほか、テーマを設定した80〜100人規模のイベントであるTechCrunch Schoolを開催してきた。

前回の4月10日のTechCrunch Schoolは、スタートアップのチームビルディングに焦点を当てた全4回のイベントの1回目。テーマは「チームを集める」で、起業時の創業メンバー、会社設立後に早期に入社した初期メンバーのあとに必要となる中核メンバーの採用に焦点を当てた。

今回はこの全4回のシリーズの2回目となり、テーマは「チームを育てる(オンボーディング・評価)」。イベントは、キーノート、パネルディスカッション、Q&Aの3部構成となる。

キーノートでは、グリーベンチャーズで代表パートナーを務め、5月14日からは新しくベンチャーキャピタルファンドとしてSTRIVEを立ち上げた堤 達生氏を招き、これまで手がけてきた投資先スタートアップのチーム育成について語ってもらう予定だ。

パネルディスカッションでは、堤氏のほか、ボイスメディア「Voicy」を開発・運営するVoicyで代表を務める緒方憲太郎氏、ホテル価格のダイナミックプライジングを実現するサービス「MagicPrice」を開発・運営する空でCEOを務める松村大貴氏、そしてエン・ジャパン執行役員の寺田輝之氏の4名で、チーム育成に関わる悩みや問題点を議論していく。

そのあと、来場者を交えたQ&Aセッションとミートアップを開催する予定だ。もちろんQ&Aセッションでは、おなじみの質問ツール「Sli.do」を利用して会場からの質問も募集して、その場で回答する予定だ。Sli.doのイベントコードは「tcschool15」で、現在質問を受け付け中だ。

イベント会場は、TechCrunch Japan編集部のある東京・外苑前のVerizon Media/Oath Japanのイベントスペース。セッション後はドリンクと軽食を提供するミートアップ(懇親会)も予定している。

スタートアップ経営者はもちろん。スタートアップへの転職を考えているビジネスパーソン、数十人の組織運営に課題を抱えているリーダーなど幅広い参加をお待ちしている。

TechCrunch School #15概要

チームビルディング(2) 〜チームを育てる〜
開催日時:6月20日(木) 18時半開場、19時開始
会場:Verizon Media/Oath Japanオフィス
(東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル4階)
定員:80人程度
参加費:無料
主催:Verizon Media/Oath Japan
協賛:エン・ジャパン株式会社

イベントスケジュール
18:30 開場・受付
19:00〜19:05 TechCrunch Japan挨拶
19:10〜19:40 キーノート(30分)
19:45〜20:25 パネルディスカッション(40分) Sponsored by engage
20:25〜20:45  Q&A(20分)
20:45〜21:30 ミートアップ(アルコール、軽食)
※スケジュールは変更の可能性があります。

スピーカー
・キーノート
STRIVE代表パートナー・堤 達生氏

・パネルディスカッション、Q&A
STRIVE代表パートナー・堤 達生氏
Voicy代表・緒方憲太郎氏
空CEO・松村大貴氏
エン・ジャパン 執行役員・寺田輝之氏
TechCrunch Japan 編集統括・吉田博英(モデレーター)


申し込みはこちらから