次のiOSではアプリを削除するときに購読をキャンセルできる

次の記事

NASAの探査機が至近距離で撮った小惑星ベンヌの写真がすごい

OSのアップデートには機能が追加されたと感じる程度だったり、特に役には立たないと思うものもある。デバイスの使い方がほんとうに変わるものもある。iOS 13のベータ2で追加されたこの機能は、後者だ。アプリをアンインストールするときにサブスクリプションをキャンセルするかどうかをユーザーに尋ねてくる。

MacStoriesのFederico Viticci氏が発見したこの新機能は、大変革ではないにしても、確実にお金の節約にはなる。App Storeのマネタイズのパラダイムは、ずいぶん前に前払いからサブスクリプションに移行している。サブスクリプションの多くは、ユーザーが以前に申し込んで単に忘れて繰り返し支払っているものであることは間違いないだろう。

次回の自動更新日を知らせて「登録の管理」へのリンクを示すこの機能は、そうした開発者にとってはがっかりだろう。しかし、使っていないサービスにお金を払うのは適切ではない。もちろん、アンインストールするアプリをほかのデバイスで使っていたり再インストールするつもりだったりするなら、あるいは困っているアプリ開発者に毎月支払い続けたいなら、「継続」をタップすればよい。

iOS 13は6月はじめのWWDCで大々的にお披露目された。特に注目されたのはダークモードやプライバシー関連の機能などだったが、このちょっとした新機能はもっとも便利なもののひとつになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)