NASAが月軌道ゲートウェイへの補給について民間会社から意見公募

次の記事

物の裏側をレーザー光の反射から像として求めるカーネギーメロン大らの研究

NASAが明かした初の女性宇宙飛行士を、そしてアポロ計画以来となる宇宙飛行士の月に送るという目標は、現在の予定では2022年末までに建設が開始される月を周回する新しい宇宙ステーションの設置を含む。米国時間6月14日、NASAは米企業がどのようにして宇宙ステーションへの補給を支援するのかについて、業界からフィードバックと見解を求める公募を発表した。

国際宇宙ステーション(ISS)と同様に、「月軌道プラットフォームゲートウェイ(LOP-G、あるいは単純にゲートウェイ)」は、目標の完成状態に到達するまで少なくとも6年はかかるとされている建設の多くの段階において、定期的な補給と貨物の輸送が必要になる。NASAはまた、月面着陸のためのパーツや、最終的には月面探査や基地の建設において、民間会社ができることを検討している。これは、正式な契約者を選定する前に、民間会社がどのような貨物の輸送手段を提供できるのかについて、非公式にガイダンスを求めている段階である。

業界からの要望をより深く掘り下げるために、NASAは6月26日に質問会を開催し、7月10日にコメントを発表する。実際の提案依頼書は今夏に公開され、NASAは最終的にその契約金額が70億ドル(約7500億円)に達すると予測している。

NASAは以前、ISSへの民間企業による商業輸送サービス(Commercial Resupply Services、CRS)として、SpaceX(スペースX)とOrbital Sciences(オービタル・サイエンシズ)、そして後にCRS の契約をOrbital ATK(オービタルATK、ノースロップ・グラマンに買収されたオービタル・サイエンシズ)とSierra Nevada(シエラネバタ)、Space Xにそれぞれ与えている。今回も、Space XやBlue Origin(ブルー・オリジン)、ノースロップ・グラマン、Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)などが入札するものと予測されている。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter