東証マザーズ
上場

名刺管理ツールのSansanが東証マザーズ上場、2日目午前の最高値は5890円、終値は前日より10円高の5470円

次の記事

FacebookのLibraは暗号通貨よりむしろ信用紙幣、金融当局はシャドーバンク化を強く警戒

名刺管理ツールでおなじみのSansanは6月19日、東証マザーズに上場した。公募価格は4500円で初値は4760円。上場初日の午前中は5000円弱の値動きが続いたが、午後からは5000円超えで推移し、上場初日の終値、そして最高値はいずれも5460円となった。

【2019.06.20 09:10追記】
上場2日目のSansanの株価は、初値が5660円と前日の最高値・終値5460円より200円高となった。取引開始後の9時3分には5770円の最高値を付け、現在5600円前後で推移している。

9時21分ごろに最高値の5890円を記録したがその後は5400円前後の攻防が続き、午前の終値は5430円となった。

【2019.06.20 15:20追記】上場2日目の終値は5470円で前日終値より10円高となった。最高値は9時21分ごろにつけた5890円。最近は国内外ともIPO後に株が下落するスタートアップが多かったが、Sansanはここ数日の株式市場の上昇傾向に乗って2日目も順調に推移した印象だ。

想定価格は4050円、仮条件(IPOの申し込みができる価格帯)は4000~4500円、公募価格は4500円だった。公募価格から初値は5.77%上昇で、260円高、終値では21.33%上昇で、960円高。時価総額は約1634億円となる。

東証アローズ内で上場の鐘を鳴らすSansanの代表取締役社長を務める寺田親弘氏