DBJキャピタル
慶應イノベーション・イニシアティブ
モーションリブ

ロボットの力加減を容易にする力触覚IC開発のモーションリブが総額1.8億円を調達

次の記事

日本郵便が置き配バッグ「OKIPPA」を10万個無料配布へ

力触覚技術を搭載したICチップ「AbcCore」の開発元であるモーションリブは6月24日、慶應イノベーション・イニシアティブおよびDBJキャピタルを引受先とした第三者割当増資により、総額1.8億円の資金調達を発表した。

同社の力触覚技術は「リアルハプティクス」と呼ばれており、機械の力加減を簡単に操れるようにする、慶應義塾大学が開発した技術。具体的には、DC/ACサーボモータを細かく制御することで、産業用ロボットがなどが得意な正確な位置制御と柔軟な力制御を両立することで、機械やロボットのアームなどに力の加減を持たせることができる。モータ2台を運動同期することも可能だ。AbcCoreは、この力触覚の制御を実現するICチップとなる。

今回の資金調達により同社は、現在50件以上あるさまざまな業種の企業との共同研究開発プロジェクトを推進し、製品への実装を進めていくとのこと。すでに一部の企業では、最終製品へのAbcCore の実装・販売が始まっているそうだ。