建設職人マッチングの「助太刀」が新潟・山形震災の特設現場募集ページを開設

次の記事

MITはロボットに人間的な感覚を持たせるシステムを開発

建設職人と建設現場のマッチングサービス「助太刀」などを提供している助太刀は6月24日、6月18日に発生した最大震度6強の山形県沖地震を受け、復旧支援に向けた特設現場募集ページを開設した。

同社が助太刀で構築した人のネットワークを活用して、新潟県と山形県の復旧現場の人手不足を支援する。具体的には、特設ページ上に現場情報を順次掲載するほか、助太刀アプリを使っていなくても入力フォームに現場情報を記入、もしくはサポートセンター(03-6774-0870、平日10時〜18時)に直接電話することで、新潟県と山形県の復旧現場の工事を職人に発注することができる。

建設職人側は、特設ページに掲載された情報を基に、前述のサポートセンターもしくは掲載者との電話のやり取りにより現場の仕事を受けられる。