サムスンがスマートホーム製品を3つリリース

次の記事

クラウドファンディングで資金調達した太陽帆走宇宙船が間もなく打ち上げへ

Samsung(サムスン)のスマートホーム製品に対するアプローチは、平坦なものではなかった。Bixbyや長らく登場が待たれているスマートスピーカーのGalxy Homeはいまだ発売されず、なんの助けにもならなかった。

一方、サムスンが2014年に買収したオートメーションスタートアップのSmartThingsは、比較的堅調に推移している。そしてこのブランドから、スマートホームのスターターとして低コストな3つの製品がリリースされた。

ウェブカメラのSmartThings Camとスマート電源プラグのWiFi Smart Plugは、別のハブを必要としないのがメリットだ。スマート電球のSmart Bulbはハブが1つ必要だが、10ドル(約1100円)という価格を考えれば納得できる。なお、サムスンのSmartThings Hubの価格は約70ドル(約7500円)だ。

なお、どの新製品もそれほどエキサイティングというわけではない。90ドル(約9700円)のCamは1080p解像度で145度の撮影が可能で、夜間にはナイトビジョンに切り替えることができる。またHDRによる記録や双方向オーディオ機能も備えている。

Smart Plugの18ドル(約1900円)という価格は、Amazon(アマゾン)の25ドルの製品に比べると安く感じられる。これに照明や電化製品を接続すれば、AlexaやGoogle アシスタント、そしてもちろんBixbyを使ったアプリや音声によるコントロールが可能になる。これらの3つの音声アシスタントは今回の新製品のすべてで利用できる。

なお、CamやSmart Plug、Smart Bulbはは本日より購入可能だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter