Google Driveが非Googleファイルのオフライン利用をベータテスト

次の記事

走行距離720kmの完全ソーラーカーLightyear Oneは予約価格1450万円

Google Driveのオフライン機能が強化される。現在ユーザーはGoogle Chromeを使って、ドキュメント、スプレッドシート、およびスライドのファイルをオフラインで利用できる。火曜日(米国時間6/25)、同社はオフライン機能をGoogle以外のファイルフォーマットにも拡張するベータ版を公開すると発表した。PDF、画像、Microsoft Office文書などがオフラインで使えるようになる。

このベータテストは「Google Drive Offline for Binary Content Beta」と呼ばれ、G SuiteドメインでDrive File Streamを有効にしている管理者だけに公開される。ドキュメント、スプレッドシート、およびスライドのオフライン機能のアルファテストに参加していた管理者は自動的にベータテストに参加できる。

現在は限定ベータだが、新機能のバグがとれて安定すれば、G Suiteユーザーだけでなく、一般向けGoogle Driveでも公開されるはずだ。

オフライン機能が有効になると、ファイルのプレビューが可能になるだけでなく、非Googleファイルを右クリックして、Microsoft Officeなどのネイティブアプリケーションを使って開くことができる。

ChromeOSは現在未対応だが、将来は対応するとGoogleは言っている。

ベータテストされる新機能は、Google Driveの抱える、企業ユーザーにとって特に重要な、問題に対応しようとするものだ。職場にはGoogle形式以外のファイルがたくさんあり、その多くはオフラインで容易に扱える必要がある。出張先で通信環境が悪い場合にはなおさらだ。現在は、Google Driveのファイルをオフラインストレージと同期したり、ダウンロードすればオフラインでも利用できる。デスクトップ・クライアント・アプリを使ってオフラインアクセスすることも可能だ。

Google Driveのライバル、Dropboxは、エンタープライズ・コラボレーション・ワークスペースに向かって着々と前進している。ユーザーはG Suiteのショートカットを使ってアプリを起動したり、Zoom、Slackなどと統合したりできる。Dropboxは単なるファイルストレージ・プラットフォームではなく、職場のポータルになろうとしている。

G Suiteは未だにMicrosoft Officeを打ち負かしていない。ビジネス向けOffice 365には現在1.8億人の月間アクティブユーザーがいる(Googleによると2018年末のG Suiteのクライアント数は500万社)。個人向けサービスでは、iCloud DriveがmacOSの最新バージョンでアップデートされ、ファイルだけでなくフォルダー共有ができるようになる。Google DriveやDropboxのユーザー移行させるためには必要とされていた機能だ

一般公開の時期についてはGoogleは何も言っていない。

Android Policeが最初のこのベータテストを発見した。さらに同誌は、これがChromeのみの機能であるという制限を大きな問題であると指摘している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook