走行距離720kmの完全ソーラーカーLightyear Oneは予約価格1450万円

次の記事

子供たちに誤報やフェイクニュースを見分ける方法を教えるGoogleのプログラム

電動車は化石燃料を燃やす車より環境にやさしいが、依然として通常の電力網に依存しているので、そこで何がどう使われているかによって汚かったりきれいだったりする。このたび登場したプロトタイプカー「Lightyear One」は、走行に必要な電力を太陽から得ることによって、この状況を乗り越えようとする。

オランダのスタートアップであるLightyearは、最初はStellaという名前で2015年にTechCrunch主催のCrunchie賞を勝ち取った。それが今や、路上走行ができるようになったらしい。プロトタイプ車のLightyear Oneは米国時間6月25日に披露されたばかりだが、すっきりとしたドライバーフレンドリーなデザインで、しかも一回の充電で720km走る。太陽光を電源とし実際に消費者市場を狙っている自動車としてこの性能は、断固初めてだ。

同社によると、まだ一度も路上を走ったことのないこの車は、すでに予約が100台以上ある。しかし、お届けは2021年の予定で、最初のリリースの予約はあと500台可能だ。お値段は前払いで11万9000ユーロ、日本円換算ではおよそ1450万円となる。あくまでも予約時前払いなので、よろしく。

Lightyear Oneは、単純に太陽電池を屋根の上に載せたプラグイン電動車ではなくて、通常より小さな電池で最大の性能が得られるよう最適化された太陽電池で屋根とボンネット合わせて1.5平方メートルを覆っている。電池は安全ガラスに収められている。通常のコンセントや充電ステーションも使えるが、軽量化された設計のためこの方式の充電ではフル充電の走行距離が400kmだ。

  1. © Twycer / http://www.twycer.nl

  2. Lightyear-One-Interior

  3. Lightyear-One-Dutch-shore

  4. Lightyear-One-Mountain-drive

  5. © Twycer / http://www.twycer.nl

同社によるとこの車は、電動車はほしいけど走行距離が心配、電池の充電も心配、という客層向けだ。まだ製造は始まっていないが、いずれにしても相当高価で小規模生産の車に当面はなるだろう。しかし感動的な挑戦ではあるし、未来のEVの方向性を示しているかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa