自動運転のスタートアップDrive.aiが廃業

次の記事

FacebookのLibraは「大きくて悪い」電子マネーなのか?

自動運転技術のスタートアップで、評価額2億ドルだったこともあるDrive.aiが、設立4年で廃業する。規制当局の提出資料による。

San Francisco Chronicle紙が最初に報じた。同社はメディアの質問には回答しない、と広報担当者がTechCrunchに伝えた。

同社のカリフォルニア州マウンテンビュー本社は金曜日に閉鎖されると、カリフォルニア州雇用開発局に提出されたWARN文書に書かれている。企業は大量の解雇や事業所閉鎖の前にWARN(Worker Adjustment and Retraining Notification Act)文書を提出しなければならない。

ここ数週間、Appleがこのスタートアップを買収するという噂があった。今月、The Information誌はAppleがDrive.aiのアクイ・ハイヤーを検討していると報じた。特定の人材獲得を目的とした一般には小規模な買収だ。

Drive.aiの従業員90名の中には、好結果となった人もいたようだ。少なくとも5名がLinkedInのプロフィールを更新して、Appleの特別プロジェクトに転職したと書いている。San Francisco Chronicleの報道を受けてTechCrunchが確認した。

Drive.aiは2015年に、著名なAIエキスパート、Anrew Ng率いるスタンフォード大学人工知能研究所の卒業生らが設立した。NgはDrive.aiの取締役会会長となり、共同ファウンダーのCarol Reileyと結婚している。

当初同社は、自動運転ソフトウェア・システムおよびインテリジェント・コミュニケーション・システムに特化し、多くの注目と投資を受けた。後にディープラーニング・ソフトウェアおよび後付け用自動運転キットのハードウェア開発へとビジネスモデルを転換し、さらに資金を調達した。Pitchbookによると総調達額は7700万ドルだった。最後の評価額は2017年の2億ドルだった。

Drive.aiは2017年、2018年と事業を拡大していった。昨年にはテキサス州フリスコでパイロットプログラムを開始し、自動運転車によるオンデマンドサービスを試行した。しかし、事業拡大の一方で、経営チームは混乱があったようで、CEOの席は何度も入れ替わっていた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook