iOSとAndroidでGoogleのロケーション履歴を自動消去する設定が可能に

次の記事

風力タービンのブレード上を這って目に見えないキズを探すロボ

Google(グーグル)は「個人データを収集するのは広告事業だけでなく、ユーザーに提供するサービスの質を改善するのにも役立っているのだ」と主張してきた。しかしGoogleがありとあらゆる個人データを吸い上げ続けるのを好まないユーザーも少なからず存在する。

米国時間6月26日、Googleはユーザーが自分に関するデータをコントロールする能力を増やせるような機能を発表した。新機能を利用すればiOSとAndroidデバイスからロケーション履歴を自動的に消去できるよう設定できる。

Googleは去る5月、Google I/Oカンファレンスの直前にこの機能のリリースを予告していた。

ロケーション履歴はユーザーのお気に入りのレストランや店舗を記憶し、推薦するのに役立つという。しかし一部のユーザーは自分が訪問した場所をすべてGoogleに把握されていることを機能を気味悪いと感じており、同社もこのことを認めた。

新しいコントロールではGoogleのロケーション履歴を3カ月おきまたは18カ月おきに自動消去できるよう設定できる。

やり方はこうだ。まずGoogleアカウントにアクセスし、「アクティビティ管理」を開く。新機能が有効になっていれば「ロケーション履歴」の項目に「履歴を自動消去する」というオプションが表示されるはずだ。

次に表示される画面で履歴を消去する間隔を 3カ月、18カ月のどちらにするか選択できる。今までもその場でロケーション履歴を削除することは可能だった。

Googleによれば新機能は米国時間6月26日からiOSとAndroidで公開が始まるという。全ユーザーにロールアウトされるのには多少時間がかるのでまだ使えないユーザーもいるはずだ。

Googleが個人データを保存すること自体を好まないなら、これまでどおりGoogleアカウントの設定からデータ収集をオフにすることもできる。ロケーション履歴だけでなくYouTubeの検索、視聴履歴などについてもGoogleへの送信を停止できる。

【Japan編集部追記】一時的にウェブブラウズ履歴を保存したくない場合、Chromeにはシークレットモードが用意されている。これはChromeのハンバーガーメニューから「シークレットウィンドウを開く」を選べばよい。この機能を利用すれば情報はGoogleに保存されないが、デバイス、キャリヤ、訪問先サイトなどに何らかのデータが残る可能性はある。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook