Spotify傘下のSoundtrapが無料ユーザーのストレージを無制限に

次の記事

MITが人種に関係なく乳がん発症を5年前に予測できるAIツールを開発

Spotifyが2017年に買収した音楽とポッドキャストのソフトを作っているSoundtrapが、その無料利用のストレージの容量を無制限にした。

それまでSoundtrapの無料ユーザーのユーザーのストレージの利用は、一度に5プロジェクトまでと制限されていた。また無制限ストレージのほかに、無料ユーザーが利用できる音楽の量を倍増し、アクセスできるループは2210種類、ソフトウェアによる楽器は210種類になった。

Soundtrapには今でも、ミュージシャンは7ドル99セント、ポッドキャスターは11ドル99セントから始まる有料制がある。それらはもっと多くのループや楽器を使えるだけでなく、対話的に書き起こし(トランスクリプト)の編集ができる。

無料利用の機能が増えればユーザー数が増えて、Audacityのような無料サービスのユーザーも引き寄せ、そして最終的には彼らの一部が有料のユーザーになるかもしれない。でも共同創業者でゼネラルマネージャーのPer Emanuelsson(ペール・エマニュエルソン)氏によると、変更の理由はもっと単純だ。

彼によると「一般的に、音楽の制作を民主化したかったんだ。もちろん、その気持ちはみんなにも分かってもらえるだろう。クリエイティブなことをしたくてもできなかった人たちが、できるようになるんだ」とのこと。

Soundtrapの発表は、昨年のSpotifyの無料利用の改良についても触れている。親会社に倣ったのか、と聞くとEmanuelsson氏は、「Spotifyが2018年に無料ユーザーに対してやったことの意味は大きい。われわれも、あのようなやり方を強く信奉している」と言った。

関連記事: Spotify-owned Soundtrap launches a podcast studio in the cloud(Spotify傘下のSoundtrapがクラウドにポッドキャストスタジオを開設、未訳)

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa