Visa LINE Payカードの詳細判明、初年度3%還元で8月に予約開始

次の記事

LINE Payとメルペイの「Mobile Payment Alliance」にNTTドコモが参画、加盟店開拓で連携へ

LINE Payは、ビザ・ワールドワイド・ジャパンとオリエントコーポレーションと連携した、Visaブランドのクレジットカードの詳細を発表した。LINE Pay上で先行予約受付を8月に開始する予定だ。

同カードは、カードブランドがVisaでオリエントコーポレーションが発行する。年会費は、初年度が無料のほか、次年度以降も年間1回以上の利用で無料となる。なお、次年度以降で1年間に一度も使わなかった場合は税別1250円の年会費がかかる。

特徴は、初年度は3%のLINEポイントがバックされる高還元率と、Visaのタッチ決済を使える点。Visaのタッチ決済とは、欧米で普及しているNFCを利用した決済システム。決済端末にカードを近付けるだけで決済が完了する。

LINE Payカードならではの特徴として、支払いと同時にLINEアカウントから決済通知を受け取れる。また、LINE Payの前月の利用実績に応じて0.5〜2%の還元を受けられるマイカラーとも連動する。

また、Visaが東京五輪の決済テクノロジーのスポンサーであることから、日の丸をイメージした赤いカードをスペシャルバージョンとして枚数限定で発行する。公開されているカードデザインはイメージだが、赤はLINE Payの基調色である緑の補色なので、このイメージ画像にLINE Payのロゴが緑で入ればかなり目立つだろう。