Shopify PingがアップルのBusiness ChatとApple Payに対応

次の記事

ジュエリーのスタートアップ「AUrate」が14億円を調達

昨年、ShopifyはShopify Pingを導入した。これは販売業者が顧客と直接チャットで話せる、無償のメッセージングプラットフォームだ。米国時間6月26日、同社はShopify Pingが新たにアップルのBusiness Chatに対応することを発表した。

販売業者はアップルのBusiness Chatで顧客とコミュニケーションをとれるが、それだけではない。顧客はチャットクライアントからApple Payを使って抵抗をあまり感じずに直接支払いができるので、最終的に購入に至る可能性が高くなる。ここに真のメリットがある。

この統合を発表した同社のブログには、売上を増やせるだろうと書かれている。「ブランドと会話をした顧客が購入する可能性は3倍近く高い。ライブチャットでブランドと顧客が個人的につながれば、信頼関係が築かれ、その顧客が再び利用してくれる可能性も高い」。

Shopify Pingを利用すると、販売業者はアップルのBusiness Chatの会話をほかのチャットのトラフィックとあわせて1カ所で管理できる。小規模な販売業者でも巨大企業と変わらないリッチなツールを利用して顧客とやりとりし、洗練されたサービスを提供できる。これは資金が潤沢にあるわけではない小さい企業には難しかったことだ。

アップルのBusiness Chatは、メッセージアプリをビジネスで使う方法として企業向けに昨年リリースされた。昨年の発表以来、Business Chatの利用は拡大していて、さらに今回の発表でShopifyの巨大なユーザーベースにアプローチできるようになる。

画像:Tim Robberts / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)