ジョナサン・アイブ氏がアップルを去り新会社立ち上げ

次の記事

Waymoが自動運転車でのLyft客ピックアップを開始

象徴的な製品デザインと独特な「アルミニウム」の発音で、何十年もの間Apple(アップル)のファンの心を掴み続けた男が会社を去る。サー・ジョナサン・ポール・アイブ(通称ジョニー・アイブ)氏が米国時間6月27日、ファイナンシャル・タイムス誌上で、27年間在籍してきたAppleを去ることを明かした。

アイブ氏は、iPhoneやiPod、そしてさまざまなMacモデルを含む、最も象徴的な家電製品の一群を作り上げたデザインチームを率いてきた人物だ。アイブ氏は2019年の終わりに退職し、来年には新しいプロジェクトLoveFromを立ち上げる。

アイブ氏によれば、この会社の名前は、Appleの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏の影響を受けたものであるという。インタビューの中でアイブ氏は次のように語っている。「何年も前にあった従業員会議で、スティーブ(ジョブス)はこう話していました。『最も基本的な動機の1つは何かを愛と思いやりで作り上げることで、たとえそれがこれまでに会ったことのない人たちのためであっても、そして作ったものを届ける人たちと握手はできないとしても、思いやりをもって作り上げることで、人間たち、つまり人類に対する感謝の念を表現できることだ』と語ったのです」。

Appleはこの動きをプレスリリースで認め、そしてAppleはアイブ氏の新しい会社の顧客であり続けることを表明している。

「ジョニーはデザインの世界では特別な人物であり、Appleの復活劇に彼が果たした役割はいくら強調しても足りません。1998年の画期的なiMacからiPhone、そして最近の彼が多大なエネルギーと注意を注ぎ込んできた、前代未聞の野望であるApple Park(クパチーノのApple本社とその周辺施設)に至るまで」とプレスリリースの中でティム・クック氏は語っている。「Appleはこれからも、彼の才能と独占的なプロジェクトを通して直接仕事をすることによって、そして彼が作り上げてきた才能あふれる情熱的なデザインチームの現在の仕事を通して、恩恵を受け続けることでしょう。長い間密接に働いて来ましたが、私たちの関係がこの先も発展していくことを喜んでいますし、この先も長くジョニーと働けることを楽しみにしています」。

アイブ氏はそれに対して次のような感想を述べている「この先、私は(Appleの)従業員ではありませんが、それでも強く関与し続けることになるでしょう。それが何年も続くことを私は望んでいます。今が、この変化を起こすための自然で穏やかなタイミングだったように思えます」。

インダストリアル・デザイン担当副社長のエバンス・ハンキー(Evans Hankey)氏と、ヒューマンインタフェースデザイン担当副社長のアラン・ダイ(Alan Dye)氏の2人が、1992年9月にフルタイムで入社したアイブ氏の手綱を引き継ぐ。

アイブ氏は、Appleのチーフデザインオフィサーの職に就く前は、ロンドンを拠点とするデザイン会社TangerineでPowerBookのデザインを担当し、その名を馳せていた。近年、彼はますますAppleの最も有名な顔の1人となり、定期的に同社のデザインビデオに登場していた。

[原文へ]

(翻訳:sako)