ファミリーマート
FamiPay
ファミペイ

ファミマの独自コード決済「FamiPay」の詳細判明、会員登録と通販は7月1日から

次の記事

テスラ車のスケッチパッドがアップデート、車内カラオケも登場予定

ファミリーマートは6月30日18時ごろから、従来の「ファミリーマート」アプリのアップデートを開始した。アップデート後は「ファミペイアプリ」に名称が変わる。

現在のところ、アプリをダウンロードできるのみで会員登録などは7月1日からとなる。少しややこしいが、アプリの名称は「ファミペイアプリ」、ファミリーマートの独自コード決済の名称は「FamiPay」だ。

関連記事:7月のコード決済はd払い無双、通常20%で最大27%還元

FamiPayでは、FamiPayの開始に伴うキャンペーンで7月いっぱいはチャージ時に10〜15%還元される。これは決済時に還元される他社のコード決済とは異なる点で、FamiPayであれば特に用途がなくてもキャンペーン中にチャージさえしておけば10〜15%の還元を受けられるのがメリットになる。

ただし、チャージ方法は実質ファミマのレジで店員に現金を渡してチャージするという方法しかなく、残念ながら金融機関の口座からのチャージには対応していない。キャッシュレスを推進するはずが、チャージには現金が必要という少々本末転倒な謎システムだ。

一方、JCBのクレジットカード機能が付いたファミマTカードを持っているユーザーは完全なキャッシュレス決済が可能だ。1000円や2000円などを都度チャージすることができる。とはいえ、FamiPay決済のためだけにクレジットカードを増やすというのは現実的ではないだろう。

なお、現金チャージの場合は10%還元、ファミマTカードの場合は15%還元となる。手数料がかかるはずのクレジットカードでのチャージの還元率が高いのも謎だ。ファミマTカードをよほど使わせたいのだろうか。

一方でTポイント一辺倒だったポイント制度を改め、dポイントや楽天ポイントを導入したほか、クレジットカードやデビットカードの機能がないファミマTカードの発行を廃止したりと、戦略にブレがある。

還元率は200円に付き1ポイントが付与される0.5%還元なので、通常で3%のPayPay、0.5〜2%のLINE Pay(7月末まではコード払いのみ+3%還元)に比べると見劣りするが、FamiPayの魅力はファミペイアプリで配布される各種のクーポンにある。従来もファミマTカード会員向けに同様のクーポンが配布されていたが、今後はファミペイアプリの会員のみの特典となる。8月以降は回数券なども登場する予定だ。

そのほかファミペイアプリでは、電子レシート機能なども使える。なお、写真プリントサービスの「famimaPhoto」をタップすると、同名の別アプリが起動してファミリーマート店舗内のマルチコピー機で写真の印刷などが可能だ。

会員登録と同様に、ジェネレーションパスが運営するオンラインストア「kaema」も7月1日にオープンする。同ストアはFamiPay決済が可能で、こちらもFamiPayのサービス開始を記念してFamiPayボーナス10倍キャンペーンを実施する。

同社は、2018年7月にファミリーマートの親会社であるユニーファミリーマートホールディングスと業務提携を発表しており、kaemaでのFamiPay決済はこの提携によって実現したと言える。そのほかファミペイアプリでは、従来のアプリと同様に新商品情報などもアプリで参照できる。

なおファミペイアプリでは、従来のファミリーマートアプリが利用できた「モバイルTカード」などは利用できなくなる。

【2019.07.01 08:45修正】ファミマTカードのチャージ方法について誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

【2019.07.01 09:00追記】
7月1日未明から「ファミペイアプリ」の会員登録が始まった。開始当初はアクセス集中のためかサーバーエラーが頻発したものの、なんとか登録が完了した。登録作業自体は数分だ。

性別や生年月日などの入力が完了すると、ウェルカムクーポンがもらえる。何がもらえるかはランダム。

実際にもらえたのは「アイスボックス グレープフルーツ」だった。


そのほか、会員登録を済ませるとコーヒーのスタンプカードが手に入るほか、1日一度引けるくじももらえる。

決済方法はほかのコード決済サービスと同様で、ファミマのスタッフにバーコードを見せればいい。チャージ方法は前述のように、レジでスタッフに現金を手渡すか、ファミマTカードからのチャージとなる。ファミマTカードからはオートチャージも可能だ。今後は決済時やキャンペーン時に付与されるFamiPayボーナスを使ってチャージすることも可能になる。