ストリーミング配信のQuibiがリアム・ヘムズワース主演のアクション・スリラーを制作

次の記事

警察用ボディーカメラのメーカーが顔認識を「使用しない」ことを決断

エンターテイメント界の大物ジェフリー・カッツェンバーグ氏とHPエンタープライズの元CEOであるメグ・ホイットマン(Meg Whitman)氏が共同設立したQuibiが、開業時のタイトルラインアップに新たなスターを加えた。短編ビデオコンテンツに特化した同社は、リアム・ヘムズワース主演のアクションスリラー作品を制作中だ。数多くいるヘムズワースのひとりで、具体的にはハンガー・ゲームの主演をした俳優。

シリーズ名はまだ決まっていないが、ヘムズワースは「ダッジ・メイナード」という役(ダッジはよくある名前)で、非常に破廉恥でおかしな仕事を請負い、最終的に悪党たちの餌食になる。おそらくその悪党たちは「『最も危険な獲物』を狙うだけの非常に裕福な人間になる」というのが、ありそうな結末だ。

裏方には「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」の脚本家ニック・サントラ、や「マッドメン」で何度も監督を担当したフィル・エイブラハムなど強力なクリエイティブスタッフが参加している。

来年4月に開業予定のQuibiは、カッツェンバーグのハリウッドへの影響力を生かして、トップクリエイターによる数多くの作品を揃えようとしている。サタデー・ナイト・ライブ(SNL)のローン・マイケルズによる殺人ミステリーや、タイラ・バンクスのドキュメンタリー・シリーズ、スティーブン・スピルバーグのホラー・ショウなどに加え、ギレルモ・デル・トロやクリッシー・テイゲン、イドリス・エルバなどのプロジェクトも進められている。

Quibiは、1億ドル相当の広告を契約済みで、調達資金総額は10億ドルに上る。他のオリジナル作品ストリーミング・サービスと比べてユニークなのは、短編コンテンツを作っていることで、その結果モバイル端末との相性がいい。開業時点での料金は月額4.99~7.99ドルで、広告をどの程度表示するか、完全広告なしにするかによって変わる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook