サムスンがAIアシスタント「Bixby」向けアプリストアをローンチ

次の記事

【FounderStory #5】17万人のコインロッカー難民を救うecboのチームワーク

Samsung(サムスン)はAIアシスタント「Bixby」のローンチの前に、いくつかの約束と重要な買収をおこなった。しかしBixbyのスタートは波乱含みで、現時点でもライバルとの差別化に苦しんでいる。

サードパーティーの統合は、サムスンがBixbyを真に差別化するために長らく約束してきた分野の一つだ。昨年11、同社はBixby Developer Studioを発表し、サード開発者に向けてAIアシスタントを公開すると約束した。またViv Labsの買収も、サード開発者との約束の一環だ。

Bixby Marketplaceのローンチは、プロセスにおける次のステップだ。ベンダーはBixbyに統合されるサービス(あるいはカプセル)をユーザーに提供できるようになる。ストアは米国やスペインでは米国時間7月1日に開始され、Google マップやSpotify、iHeartRadio、NPR、そしてYelpなどの主要アプリが提供されている。

これは良いスタートだが、主要開発者を惹きつけるのは常に難しい課題だ。よい兆候としては、ここ数年の多数のサムスンの主要製品でBixbyが利用できる。この数字は、テレビのような新たな家電製品へとBixbyが搭載されるにつれて、ゆっくりとではあるが着実に増加している。しかしながら、長らく待たれるスマートスピーカーこと「Galaxy Home」はまだ発売されていない。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter