nimm lab
Cassette

カセットプレーヤーがついにBluetoothになった

次の記事

カースタント王者が5G回線とVRでグッドウッド・ヒルクライムに挑戦

今月はソニーが初めてウォークマンを発売してから40周年になる。このポータブルなミュージックプレーヤーはその後、音楽の消費の仕方を完全に変えた。そしてオーディオカセットはCDやその後のデジタル音楽に押されて姿を消したが、今でもそれを忘れられない人びとは多い。ビニール製のLPレコードほど多くのマニアはいないが、一部の情熱的なファンのおかげで、その火は燃え続けている。

NINM Labの最新のプロジェクトは、同社の過去の製品である使い捨てカメラ「I’m Fine」と同様、技術の絶滅危惧種に光を当てている(訳注:このURLは非常に混み合っているので、こちらの方がアクセスしやすい)。名前も前の製品に似せてIt’s OKだ。今日の世界の不安定な政情と災害の全世界的な拡大の中においては、とても適切なメッセージだ。Bluetoothのカセットプレーヤーなんて、今どき誰も必要としないだろうが、無意味な製品でも世に出てしまうのが、末期資本主義の特徴だ。。

この製品は、80年代のテクノロジーとAirPodsの間にある大きな断絶にBluetooth 5.0で橋をかけようとしている。デザインは、昔のウォークマンへのオマージュのようにレトロだ。3.5mmのヘッドフォンジャックがあるので、最新世代のスマートフォンよりはましかも。

このデバイスは米国時間7月4日にKickstarterに登場した。予約価格63ドルはカセットプレーヤーにしては高いが、そのほかのBluetoothデバイスよりは安い。Kickstarteratではどんどん値段が上がるのでご用心。カセットテープは、お近くのGoodwillでたくさん手に入る。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa