ロード・オブ・ザ・リング
Amazon Prime Video
エンターテインメント

アマゾン版「ロード・オブ・ザ・リング」は「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のバヨナが監督

次の記事

BMWとダイムラーが自動運転で提携、2024年までの実装目指す

Amazon(アマゾン)のジェフ・ベゾス氏はプライム・ビデオでオリジナルの「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを製作し、Netflixの「ゲーム・オブ・スローンズ」の成功に張り合うつもりだ。 Deadlineの記事によれば、 ベゾス氏がお気に入りの新シリーズを監督するのはフアン・アントニオ・バヨナだという。

バヨナ監督は、ハリウッドの大作映画「ジュラシック・パーク/炎の王国」を監督したことで記憶に新しい。同監督は、ネタ切れかと思われた恐竜復活シリーズに最後のひとひねりを加えて、さらに興行収入を稼ぐ道を開いた。それ以前に、母国スペインで「永遠のこどもたち」や「インポッシブル」など批評家から高い評価を得た映画を監督している。

バヨナ監督がメガホンを取るAmazon版の「ロード・オブ・ザ・リング」の最初の2作は、ピーター・ジャクソンの映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作であるJ.R.R.トールキンの「指輪物語」の3部作が語られる直前の世界を舞台としている。映画版同様、Amazon版もニュジーランドでのロケが予定されている。

バヨナ監督には脚本家としてJD・ペインとパトリック・マッケイ氏が加わるほか、著名な映画人多数が参加してシリーズが一大叙事詩となることを目指すという。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook