Instagramの新しい機能で悪質コメントを牽制したりいじめユーザーを制限できる

次の記事

楽天モバイルがDMMからMVNO事業などを約23億円で継承、第4のキャリアに向け着々準備

Instagram(インスタグラム)は米国時間7月8日、ネット上のいじめと戦うための2つの新しい機能を発表した。

今回このFacebook傘下のサービスがやろうとしているのは、どちらも、露骨に投稿をブロックしたりユーザーを締め出したりせずに悪い行いを制限することだ。

InstagramのトップであるAdam Mosseri(アダム・モセリ)氏は発表の中でこう述べている。「Instagramでいじめ防止のためにできることや、いじめのターゲットが自分で戦う方法はもっといろいろある。今日発表するのは、その両方での新しい機能だ。これらのツールは、いじめの実態に対する深い理解に基づいて考案されているが、でも今後の長い道のりのわずか二歩にすぎない」。

最初の機能は人工知能を利用してコメントに「悪質かもしれない」というマークをつける。コメントを投稿しようとするユーザーにはそのとき「これを本当に投稿したいですか?」という質問と「投稿しない」というボタンが表示される。

ユーザーはそのコメントを投稿したければできるので、これは対策として弱いのではないか。でもモセリ氏によると、これまでのテストでは、「反省する機会を与えられたら考えなおしてもっと無害なコメントをシェアする人が多かった」そうだ。

Instagram warning

もうひとつの機能はモセリ氏によると、「ユーザーが人のアカウントを見ることを制限する」機能で、近くテストを開始する。同氏は曰く、「低年齢のユーザーには、いじめをブロックしたり、アンフォローしたり、報告することをためらう人が多い。それは、ネット上でなく現実世界のいじめへとエスカレートすることが多いからだ」。

そこで、この新しいオプションを使うと、ほかのユーザーが自分のアカウントと対話することを制限できる。アカウントを隠す必要はない。対話を制限すると、コメントはそれを承認するまでは投稿した本人にしか見えない。いじめる相手が今Instagram上にいるか、ダイレクトメッセージを読んだか、などもコメントの投稿者には分からない。

4月に行われたFacebookのデベロッパーカンファレンスF8で、モセリ氏はこれらの機能の初期のバージョンを説明した

関連記事
Instagramは「いいね!」数の非表示などの新機能をカナダで公式テストへ
Instagramが「いいね!」数公開を中止を検討、群衆心理の抑制を狙う

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa