Urban Innovation KOBE+P
神戸市
mobby ride
mobby

電動キックボードシェア「mobby」が神戸メリケンパークで実証実験

次の記事

月額4万円からの住み放題ADDressに新拠点、北鎌倉や伏見、屋久島も

電動キックボードのシェアリングサービス「mobby」(モビー)を展開するmobby rideは7月9日、神戸市が主催するスタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」に採択されたことを発表した。8月9日に市内のメリケンパークにて体験会を開催する。Urban Innovation KOBE+Pは、起業やスタートアップを支援することによって神戸経済の活性化、社会・行政課題の解決を目指す神戸市の事業だ。

mobbyは、国内外でペイメントやカーシェアリングの事業を展開しているAnyPayの新規事業として立ち上がり、6月1日にmobby rideとして分社化。日本国内でのシェアモビリティ事業の拡大を目指す。昨年12月にはAnyPayとして、福岡市が主催する「実証実験フルサポート事業」に採択されており、同市での実証実験も進めている。

電動キックボードは欧米では手軽な移動手段としてさまざまな地域でサービスが展開されているが、日本国内では道路交通法の規定により公道の走行には一定の制約がある。具体的には、国内では原付バイクと見なされるため、前照灯、番号灯、方向指示器などを搭載しないと公道は走れない。利用者は、原付バイクの免許の携帯とヘルメットの着用が必須となる。

このような制約がある中で神戸市は今回、mobbyを同市内の公園の1つであるメリケンパークで実証実験を行うことによって、電動キックボードも含めた次世代のモビリティ導入による回遊性や経済波及などの効果検証を進めていく。

なお、2月4日に開催された内閣府での国家戦略特区会議で、福岡市の高島宗一郎市長が福岡における電動キックボードの規制緩和を提案するなど、普及に向けた動きもある。

体験会の詳細は以下のとおり。

場所:メリケンパーク(兵庫県神戸市中央区波止場町2−2)
日時:8月9日(雨天の場合は日8月10日)
開催時間:10時〜16時の間
料金::無料
身長制限:20cm〜200cm
体重制限::25〜100kg
年齢制限:16歳以上〜60歳未満推奨
服装:キックボードに乗るうえで安定性が保たれるもの(ヒール、サンダル等は禁止)