MacBook Air/Proの新モデルが値下げ登場、ProはTouch Barなしモデルがなくなる

次の記事

今夏ようやく発売のアップル製スマートスピーカー「HomePod」に勝機はあるのか

アップルは7月9日、ノートPCのMacBook Air、13インチMacBook Proの新モデルをリリースした。この発表に併せて、12インチのMacBookは販売終了となった。

MacBook Airは、True Toneテクノロジーを採用したRetinaディスプレイを新搭載。ストレージ容量128GBの場合で価格は税別で11万9800円と、従来モデルに比べて1万5000円の値下げとなる。主な仕様は、True Tone対応Retinaディスプレイ、第8世代 Core i5 プロセッサ(2コア1.6GHz、最大3.6GHz)、8GBメモリー、128GBストレージ(SSD)、Intel UHD Graphics 617など。なお新モデルながら、「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」の対象になっており、ハードウェア設計は従来を踏襲していることがわかる。

13インチMacBook Proは、Touch Bar非搭載モデルがなくなった。新たに加わった最下位モデルは、第8世代Core i5(4コア1.4GHz、最大3.9GHz)、Intel Iris Plus Graphics 645。メモリー8GB、ストレージはSSDで128/256GB。税別価格はそれぞれ、13万9800円と15万9800円。こちらも「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」の対象なので、キーボードに不具合は発生する可能性は捨てきれない。

今回はニュースリリースで、学生や教職員ならさらに安くなるという情報も盛り込み、大学などでの利用を訴求しているのが特徴だ。国内では9月ごろまでに大学生協の推奨PCが決まるので、絶妙のタイミングでのリリースといえる。