Raspberry Pi 4は一部のUSB-Cケーブルに対応せず

次の記事

トランプ大統領はTwitterで批判者をブロックできないと米連邦控訴裁が判示

Raspberry Pi 4は素晴らしい小型コンピューターだが、Tyler Ward(タイラー・ワード)氏はUSB Type-Cコネクタに関する欠陥を発見した。さらにRaspberry Pi FoundationもTechRepublicnに対して、デザイン上の欠陥が存在し、Raspberry Pi 4が一部のUSB-Cケーブルで動作しない可能性を認めた。

これは致命的な欠陥というわけではないが、USB-Cプロトコルを適切に実装した将来のボードリビジョンの登場が期待される。また、なぜ自分のRaspberry Piの電源が入らないのかがわからず悩んでいた人は、その理由が判明したことになる。

Raspberry Pi Foundationはボードの概略図を公開した。そこには、高性能な充電器が電流を供給するためのCC抵抗が欠けている。

USB-Cは複雑なコネクタで、一部のケーブルには電子的なマークがつけられており、これは幅広いデバイスをサポートする統合チップが搭載されていることを意味する。

例えば、MacBook Proの充電器は数多くのUSB-Cデバイスと一緒に使うことができる。充電器は、どれだけの電力を供給する必要があるかを判断するのだ。

しかしRaspberry Pi 4は、Apple(アップル)のUSB-CケーブルやGoogle(グーグル)のPixel 3のケーブルにあるような、電子的なマークをサポートしていない。これにより、デバイスがオーディオアダプタアクセサリとして認識される場合がある。幸い、この欠陥はRaspberry Pi 4にダメージを与えず、単に電源が入らないだけだ。

Raspberry Pi Foundationの創設者であるEben Upton(エベン・アプトン)氏はTechCrunchに対し、以下のように伝えている。「この問題は将来の新型ボードで修正されることが予測されるが、現時点ではユーザーは推奨される回避策の1つを適応する必要がある。(非常に広域な)フィールドテストプログラムで、この問題が発覚しなかったのは驚きだ」。

シンプルな回避策は、電子マークのないケーブルや充電器を購入することだ。例えば、Raspberry Pi Foundationは8ドルのUSB-C充電器を販売している。私のテストでは、2週間のうちは問題なく動作している。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter