サムスンのVC投資部門がインドのIndus OSなどに9.2億円投資

次の記事

アップルがビデオ会議システムZoomの隠しサーバーを削除するアップデートを静かにプッシュ配信

韓国テック大企業の投資部門Samsung Venture(サムスン・ベンチャー)が、インドでの投資活動を開始し、手はじめにIndus OSと他3つのスタートアップに計850万ドル(約9.2億円)を投資した。

Indus OSはインドの大勢の人に提供することにフォーカスしている、多くのローカライズされたアプリケーションを構築してきた人気のAndroidのようなものだ。Samsung(サムスン)とVenturestはこの設立4年のスタートアップにシリーズBラウンドで575万ドルを投資した。

Micromax、Gioness、Intex、そしてKarbonnといったインド企業を含め、いくつかのスマートフォンベンダーがIndus OSの顧客であり、多くの機能をそれらベンダーのスマートフォンに載せている。今年初め、サムスンはGalaxy App Storeを改良するためにIndus OSと提携した。

Indus OSの共同創業者でCEOであるRakesh Deshmukh氏はTechCrunchとのインタビューで、「同社が今回の資金をローカルソリューションの開発とデベロッパーが既存のアプリにひねりを加えたり、インド固有の機能を追加したりできるようにするソフトウェア開発キットをつくるのに使う」と話した。

Deshmukh氏は、広告で収益を上げているIndus OSがインドでさらに事業を拡大するために、間もなくさらなるスマホベンダーと提携すると語った。これは、かつてインドのスマホマーケットをコントロールしていたものの、今やシェアの3分の2を中国企業とサムスンに奪われたインドのスマホベンダーにとって必須の要素だ。

他の問題は、もちろん存在感を増しているKaiOSだ。インドの通信オペレーターReliance Jioと提携してからというもの、KaiOSは人気を博している。何千万というフィチャーフォンのJioPhoneが今日KaiOSで駆動し、これにより多くの人がスマホへのアップグレードに消極的だ。

Deshmukh氏は、KaiOSが競争相手だとは思っていない、と語った。「KaiOSは橋のような役割を果たしている。人々にインターネットにつながるよう、そしてマルチメディア電話を試すよう働きかけている。そうして人々は最終的にはより使い勝手のいいものにアップグレードする」。

インドの新聞であるEconomic Timesは、サムスンがIndus OSの20%の株式を所有していると今朝早く報道した。3年前に3回にわたって実施されたシリーズAで1000万ドル調達したIndus OSの代表は、報道は正しくないと指摘し、同社が近くより多くの資金を調達する計画だと述べた。

Indus OSはさておき、Samsung VentureはスピーチテクノロジーにフォーカスしているスタートアップGnani.aiとIoTソリューションプロバイダーのにSilvan Innovation Labsにも投資した。また、コンピュータービジョンを専門とするアーリーステージのスタートアップにも投資したと述べたが、企業名を明らかにするのは避けた。

22億ドル(約2400億円)もの資産を持つSamsung Ventureは、新テクノロジーを活用した未来型の事業に積極的に投資していくと語った。一方、2年前にサムスンを抑えてインドで最も売れているスマホベンダーになったXiaomi(シャオミ)もまたインドで半ダースほどのスタートアップに投資している。

インドのテックスタートアップはこれまでの2年間で200億ドル超を調達した。インドの広がりつつあるエコシステムは国内の主要VCファームをますますひきつけている。2大グローバルVCファンドのソフトバンクとTiger Globalはインドを最大のマーケットの1つと捉えている。

近年、Google、Microsoft、Amazon、そしてFacebookもまたインドのスタートアップに資金を注入し始めた。GoogleはデリバリースタートアップのDunzoに投資し、その一方でAmazonはShuttlを含む半ダース超のローカル企業の株式を取得した。そしてFacebookは先月、ソーシャル商業アプリのMeeshoに資金を注入した。

Microsoftは今年初め、コーポレートベンチャーファンドM12をインドにも広げ、創業6年のSaaSスタートアップInnovaccerに投資した。

イメージクレジット: Avishek Das/SOPA Images / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)