為替や海外送金を無料にするRevolutがベルリンにテックハブをオープン

次の記事

AT&Tの新配信サービス「HBO Max」は2020年ローンチ、Friendsを独占配信

フィンテック系スタートアップのRevolut(レボリュート)は、ベルリンに小規模なテックハブを開設する。同市はN26のホームタウンでもあるように、数多くのフィンテック企業がすでに存在している。一方、Revolutはさまざまな分野の技術職を80人雇用する予定で、これにはソフトウェアエンジニアリングからデータサイエンス、プロダクトから成長までが含まれる。

また、これは単なる他の都市での人材雇用計画ではない。Revolutは製品をドイツ市場向けに、そしてよりヨーロッパ市場向けにカスタマイズする予定だ。

多くの点で、Revolutは今でも英国のアプリのように感じられる。たとえばカードのPINコードを変更する場合にはATMを使うように指示される。これはドイツやフランスなど、多くのヨーロッパ市場では不可能だ。

ベルリンのチームは、Revolutによる手数料無料の株式取引機能にも取り組む予定で、これはヨーロッパでのRobinhoodのライバルとなる。また同社は子供向けのアプリも開発中で、最初の銀行口座の代わりになるかもしれない。

現在、ドイツには15万人のRevolutユーザーがいる。同社は現地にマーケティングおよびコミュニケーションチームを設置し、この市場でさらに積極的に事業を拡大する。

世界中で使えるグローバルなフィンテックアプリの開発は、まだまだ難しい。人々は住んでいる国によって、さまざまな方法で資産を管理する。そしてフィンテックのスタートアップも、家庭における堅実なプロダクトの存在に気づきだしている。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter