プリン
pring

無料送金アプリ「pring」にワンタップ送金が可能な「スワイプ送金」が加わる

次の記事

プライムデー初日にアマゾン労働者と人権団体が抗議

pringは7月16日、送金アプリ「pring」(プリン)に「スワイプ送金」機能を追加した。pringは、チャット感覚で送金できるUIが特徴で、金融機関の口座からの資金のチャージや、口座への振り込み、送金や受け取りなどがすべて無料で行える。pring上の資金をセブン銀行ATMで直接引き出すこともできる。パーティーや飲み会などの代金を、事前もしくは事後にスムーズに受け渡せるのがメリットだ。

現在pringを利用できる金融機関は、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行、伊予銀行、愛媛銀行、関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行を除く)、北九州銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、四国銀行、七十七銀行、親和銀行、千葉銀行、筑波銀行、東邦銀行、百十四銀行、広島銀行、北洋銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行となっている。

これまでpringでは500円を送金するためにチャット画面では5回タップする必要があったが、スワイプ送金機能を使えば送金する硬貨の画像を選び、指ではじくだけのワンタップで送金可能になる。