Uber Air
Karem Aircraft

Uberの空飛ぶタクシー事業のパートナー会社が27億円を調達

次の記事

イーロン・マスクが脳直結インターフェイス「Neuralink」をプレゼン

Uber Airが展開しようとしている空飛ぶタクシー事業を現実のものとするためには、車両の面でパートナーが必要だ。Uberが昨年提携したKarem Aircraft(カレム・エアクラフト)はこのほど、空飛ぶタクシーの新スピンオフのためにシリーズAで2500万ドル(約27億円)を調達した。このラウンドは韓国財閥のハンファシステムが主導した。

「安全で静か、そして効率的という空飛ぶタクシーをつくるためのKaremのテクノロジーに我々は興奮している」とUber Elevate(ウーバー・エレベート)の責任者であるEric Allison(エリック・アリソン)氏は発表文で述べた。「Karemの新たな空飛ぶタクシー会社へのハンファの投資は、Karemが開発を進めているButterfly(バタフライ)の実用化を加速するものだ。近い将来、ダラスやロサンゼルス、メルボルンで客を乗せることを楽しみにしている」。

Uberはこの空飛ぶタクシーのテストを来年にも開始し、2023年にカリフォルニア州のロサンゼルス、テキサス州ダラス・フォートワースとフリスコ、オーストラリアのメルボルンでUber Airを商業展開したい意向だ。

Karemの新ベンチャー会社は電動垂直離着陸機、特に空飛ぶタクシー向けのButterflyに専念する。

Butterflyは翼と尾翼に4つの大きなローターを搭載しているクアッドチルトローター。垂直に離発着するというヘリコプターの能力に、固定翼機のスピードと飛行レンジを組み合わせたようなものだ。Butterflyはまた、RPMが変わるローターのおかげで、より効率的に飛べるようにも設計されている。

「Karemの最高のスピードローターテクノロジー、ハンファの事業スケール、 Uberのライドシェアネットワークにより、新たな会社はButterflyの実用化に完全に専念できるようになる」と新ベンチャーのCEOであるBen Tigner(ベン・ティグナー)氏は発表文で述べた。「顧客が我々の空飛ぶタクシーで渋滞の上を飛びながら通勤することができるようになる日を楽しみにしている。Karem Aircraftは引き続き軍事向けの需要にも対応する。我々のテクノロジーは2つの異なる、しかし重要なユースケースに適用できるので、各企業が長期の成功に向けて進んでいると確信している」。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)