HubSpot for Startup
HubSpot CRM

無料のHubSpot CRMにメールマーケティングと広告管理を追加、スタートアップ向けプランもアリ

次の記事

Uberの空飛ぶタクシー事業のパートナー会社が27億円を調達

HubSpot Japanは7月17日、顧客情報やウェブサイト上での行動・取引履歴などを管理できる「HubSpot CRM」に、Eメールマーケティングと広告管理の機能を追加した。いずれも無料で利用できる。

Eメールマーケティング機能は、電子メールの配信リストを作成しておけば、毎月最大2000件のメールで無料で自動配信できるというもの。HTMLメールを作成するエディター機能も備えている。送信したメールについては、配信後の開封率やURLクリック率、HTML上でクリックされた位置を示すクリックマップなどのパフォーマンスもチェックできる。さらに、送信履歴を顧客管理画面に記録するといった機能もある。送信先ごとにメールの内容をカスタマイズすることも可能だ。顧客情報を基に、Eメールの件名、内容、リンク、添付ファイル、CTA(ウェブサイトへの誘導)などが自動的にパーソナライズされる。

広告管理機能は、従来の機能が拡張されている。HubSpot CRMではこれまでも、Facebookリード獲得広告とInstagramリード獲得広告の管理機能が備わっていたが、今回のアップデートによりGoogle広告とLinkedIn広告の管理も可能になる。具体的には、過去30日の広告費合計1000ドル以内、かつ広告アカウント数2件までの範囲で、追加料金なく管理とトラッキングを行える。広告のインプレッション数やクリック数の測定のほか、広告経由で獲得した見込み客の数をダッシュボードで一覧することもできる。

無料で使えるHubSpot CRMのコア機能としては、顧客、顧客のウェブサイト上での行動履歴、会社、取引など情報管理などがある。そのほか無料トライアルとして、フォームやウェブチャット、チャットボットなどのマーケティング機能の利用も可能だ。このコア機能をベースに、マーケティング、セールス、サービスに大別された必要な有料機能を組み合わせられるのがHubSpot CRMの特徴になっている。

スタートアップ支援プログラム「HubSpot for Startups」も用意しており、資金調達額が200万ドル(約2.1億円)未満のシードステージのスタートアップ、シリーズA段階のスタートアップに向けた優待価格が設定されている。それぞれ有料機能を90%、50%オフで利用可能だ。