Twitterが隠れたツイートによる会話ギャップに対処へ

次の記事

Chromeセキュリティバグを見つけたらGoogleから報奨金もらえる

見たくないコンテンツ(ユーザーが投稿した多くのコンテンツを削除する傾向も強まっている)をブロックするTwitterのツールは、プラットフォーム上でのいくつかの会話をスライスチーズのようにみせる。そしてTwitter社は数週間以内に、会話中で非表示にされたコンテンツに「背景(コンテキスト)」をくわえ、少なくとも不可思議さを減らすべくギャップに対処するという。

偶然見つけた会話の中のツイートが見えないのにはいくつかの理由があり、例えば投稿者がプライベートのアカウントを持っている、ツイートがポリシー違反のために削除された、あるいは投稿に含まれる特定のキーワードがユーザーによってミュートされ削除されたなどだ。

Twitterのサポートアカウントによると、この修正ではとくに表示が頻出している場合に、会話中のツイートが非表示になっている通知とともにより詳細な背景を提供し、ユーザーを混乱さないようにするという。

昨年、Twitterは個別のツイートが削除された理由に背景と透明性をくわえる新たなプロセスを導入しており、Twitterの仕組みにあまり詳しくないユーザーにとっても、同プラットフォームでの会話をフォローしたりアクセスしたり、理解したりしやすくすることに関心があるようだ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter