いいね!でお金がもらえるSNS「Poplle」が課金なしで好きなユーザーの応援や支援を実現

次の記事

アップルはテスラから今度は車の内装の専門家をスカウト

リクポは7月18日、同社が運営するSNS「Poplle」(ポップル)て「お金のいらないクラウドファンディング」を実現する機能「いいね!ギフト」をリリースした。

ポップルはいいね!をお金に変えることができるSNSで、「自分がいいね!」をしても「他の人をいいね!」をもらっても必ず1円ぶん受け取れる点が特徴。セブン銀行のATMで現金として引き出したり、さまざまな商品やサービスと交換をしたりすることもできる。

今回、「いいね!」を他のユーザーにプレゼントをすることで、「お金のいらないクラウドファンディング」を実現。一般的なクラウドファンディングの仕組みでは、他のユーザーを支援する際に自分がお金を払って支援を行うが、この機能を使えば現金を使わずに自分の好きなユーザーの活動を支援できるという。

同社は2018年8月にEEIスマートエナジー、環境エネルギー投資、アイスタイル、アドウェイズ、マネックスベンチャーズ、アイエスジーエス1号、SMBCベンチャーキャピタルから総額約2億3000万円の資金調達を実施している。