連邦取引委員会
米司法省

米司法省は巨大IT企業の独禁法違反に対する調査に着手

次の記事

フィンテックのZetaが初の外部資金調達で企業価値325億円に

米司法省は、世界最大級のIT企業がどのようにして今の立場を確立したのか、またそのビジネス手法が競争を阻害したり、消費者に不利益をもたらしていないか、反トラスト局が調査中だと発表した。

米司法省は、その声明の中で「検索、ソーシャルメディア、オンラインの小売サービスについて、消費者、企業、起業家が表明している広範な懸念」について考察することになると述べた。

この言い回しは、明らかにAlphabet(Googleの親会社)、Facebook、そしてAmazonを念頭に置いたものと考えられる。

先週、そうしたIT企業の代表者が議会に招集され、各社の方針や慣行について証言した。その際、彼らのビジネス手法について、議場のあちこちから威圧的な批判が注がれた。

Amazonは、データ収集と自社ブランドの商慣行について詰問された。Googleは、広告ビジネスと検索結果の操作について、またFacebookは、現在の事業と計画中の事業について、その視野と拡張の範囲など、あらゆることを厳しく問われた。

そのような状況を受けて、米司法省が行動を起こそうとしているは当然のことだろう。

「有意義な市場ベースの競争という規律がなければ、デジタルプラットフォームは消費者の要望に応じることなく活動するものになってしまうでしょう」と、反トラスト局の司法次官補、Makan Delrahim氏は述べた。「当局の独占禁止法の調査では、こうした重要な問題を追求します」。

米政府は、その効果には疑問があるとしても、すでにかなり特別な措置を講じて、巨大IT企業を追い立ててきた。今月初めにFacebookは、FTC(連邦取引委員会)との同意条項に違反したとして、50億ドル(約5400億円)の罰金を科されている。

この金額は、これまでIT企業に対して突きつけられたものとしては最大のものだったが、Facebookの収入と比べれば取るに足らない金額であり、同委員会の一部の委員がFacebookに対して課すことを狙っていた懲罰を骨抜きにしたものだった。

FTCは、Mark Zuckerberg氏本人に説明責任を負わせることと、Facebookの活動を制限するための行動に力を入れることを望んでいた。Facebookの方針では、プライバシーと個人データの保護に関して不十分であると、多くの上院議員が考えているからだ。

「もしFTCが、法律に違反することで利益を得ている企業にスピード違反の切符を手渡している警察官と同じようなものだと見られているなら、Facebookやその他の企業は、ますます事業を拡大し続けるだろう」と、コネチカット州出身の民主党上院議員、Richard Blumenthal氏と、ミズーリ州出身の共和党上院議員、Josh Hawley氏は、今月はじめ、FTCに宛てた共同書簡で述べている。

関連記事:米連邦取引委員会がフェイスブックに制裁金5400億円のゆるい罰

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)