eBayが長らく待たれたAmazon競合の配送サービスを来年提供へ

次の記事

日本の宇宙開発企業ispaceの子会社が欧州宇宙機関による月の水探査プロジェクトに参加

eBayはAmazon(アマゾン)の歴史的な成長を目の当たりにしてきた。オークションサイトは順調だが、収益に関してはeコマースの巨人と比べるとわずかだ。そしてeBayはついに、Amazonにより直接的に対抗するサービスを導入する用意をしている。

来年米国でローンチされるManaged Deliveryは、eBayセラー向けのエンド・ツー・エンドのフルフィルメント(配送)だ。同社は販売業者の製品をサードパーティーの倉庫に保管し、より迅速な配送を可能にするとともに、2〜3日の納期で無料配送を提供するオプションを提供する。

eBayがAmazonから学んだ教訓はこれだけではない。ブランディングに関する視点も存在している。以下は、同社によるプレスリリースだ。

Managed Deliveryにより米国内のeBay出品者から毎日約150万個の荷物が送られ、今後数年以内にも何億ものeBayブランドの箱や荷物が全米の玄関先に置かれることになる。これらのブランド化されたパッケージは顧客により良いショッピング体験を提供するだけでなく、人気のあるショッピングサイトとしてeBayのブランドアイデンティティを強化することになる。

ロイターによると、この新サービスは現在オークションサイトに掲載されているアイテムのうち最大で半数に適応されるという。他社に遅れても、やらないよりはマシだろう。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter