アップル4〜6月期決算はサービス部門が前年同期比13%増の1.24兆円、予想は下回る

次の記事

アップルは新宿を含む世界の主要都市でARアートイベントを開催

今年のApple(アップル)について絶えず繰り返されていた文言の1つが、サービスへのシフトだ。そうした傾向は、4〜6月期決算発表に反映された。

実際、今回の決算リリースでは見出しでサービス部門の「過去最高の売上高」を取り上げた。そして、CEOのTim Cook(ティム・クック)氏は発表文で「サービス部門の過去最高の売上高、そしてウェアラブル、iPad、Mac、iPhoneの売上も貢献し、これまでで最高の4〜6月期となった」と表現した。

Appleのサービス事業には、iCloudやApple Music、Apple News+といった購読制プロダクトが含まれる。このカテゴリーは間もなく提供が開始されるApple TV+Apple Arcadeで今後さらに成長することが見込まれる。

今回発表された売上高は確かに1〜3月期の売上高を上回ったが、しかしさほど大きな差はない。1〜3月期が114億5000万ドルだったのに比べ、4〜6月期は114億5500万ドル(約1兆2400万円)だった。また、アナリストはAppleのサービス部門の売上高を116億8000万ドルと予想していて、少なからず落胆するものだったということは記すに値するだろう。

一方で、前年同期比でみると成長は目を見張るものがある。前年同期のサービス部門の売上高は101億7000万ドルで13%増となった。これは、部分的にiPhone販売の落ち込みにより売上高が前年から減って423億5000万ドルとなったハード部門と比較しても見栄えがするものだ。

イメージクレジット: Justin Sullivan / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)