ディー・エヌ・エー
DeNA SOMPO Mobility

メルセデスやレクサスを実質ゼロ円で自家用車に、Anyca Officialシェアカー始まる

次の記事

メニューと料金体系に柔軟性を持たせてドッグケアのデフォルトブランドを目指すDogdrop

DeNA SOMPO Mobilityは8月7日、個人間カーシェアサービス「Anyca」(エニカ)に「Anyca Officialシェアカー」のサービスを追加した。同サービスは、シェアリング(レンタカー)利用を前提とした新しい自動車所有の仕組み。同社は、ディー・エヌ・エー(DeNA)とSOMPOホールディングスの合弁会社。

自動車の所有権はDeNA SOMPO Mobilityにあるが、管理者は駐車場の確保と、洗車や清掃、ガソリンの補給といったの管理を請け負うことで、実質0円で自動車をマイカーのように所有できるというもの。実際には自分が管理を請け負っている自動車を、他のドライバーが利用した際にカーシェア料金の10%ぶんがポイントとして付与され、このポイントを使って同じカーシェアサービス上で自動車を予約・利用が可能となる。自動車にはカーシェア受け渡し用の機器が取り付けられており、アプリ上で登録した免許証をかざすことで開錠できるため、鍵の受け渡しなどは不要だ。なお管理者は、一般利用者よりも1週間先の期間までその自動車を予約できるというメリットがある。

サービス開始にあたり、5000円のクーポン券がもらえるキャンペーンを実施する。対象者は、Anycaでの個人間および「Anyca Officialシェアカー」のカーシェアを初めて予約する人。キャンペーン期間は9月30日まで。