Nikeが消費者が欲しい物を予測するAIスタートアップを買収

次の記事

Slackがセキュリティ機能を強化

Nike(ナイキ)の時価総額は1000億ドル(約11兆円)を超えて急成長しているが、顧客がなにを求めているのか、顧客にあった商品を調達して仕入れるにはどうすればよいのかについて、まだ学ぶ余地があると考えている。同社はボストンのスタートアップことCelectを買収し、Nikeの予測分析能力を強化すると発表した。

ボストンの他の有望なスタートアップと同様、Celectの技術はMITから生まれた。共同創設者はどちらもMITの元教授だ。このスタートアップの技術は、構造化されている/されていない大量の販売データが与えられ、データの洞察を提供することに焦点を当てている。このような洞察により、小売業者は在庫整理の対費用効果に関する分析が得られる。これは昨年364億ドル(約3兆9000億円)の売上を記録したNikeにとって、興味深いデータだろう。

NikeでCOOを務めるEric Sprunk(エリック・スプランク)氏は、「私達の製品への需要が高まるにつれ、洞察力を重視し、データを最適化し、消費者の行動に非常に集中しなければならない。このようにして、我々は顧客によりパーソナルなサービスを提供する」との声明を出している。

なお、買収に関する条件は明かされていない。

CelectはAugust CapitalやNGP Capital、Activant Capitalなどから3000万ドル(約32億円)の資金を調達している。また同社は昨年12月に、シリーズCにて1500万ドル(約16億円)を調達している。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter