ファーウェイ自家製OSはスマホやスマートホームにも結局使われる

次の記事

GitHubがCI/CDサービスを標準サポートへ

これまでの数カ月、Huawei(ファーウェイ)の役員たちは互いに相反する諸説述べてきたが、この中国のネットワーキング大手は8月9日にやっと、問題のHarmonyOSを公式に発表した。同社が開発したその待ちに待たれたモバイルオペレーティングシステムはスマートフォンやラップトップ、スマートホームデバイスなどを駆動し、これにより同社はいくつかのグローバルな大企業への依存を断ち切ろうとしている。

ファーウェイの消費者事業部のCEOであるRichard Yu(リチャード・ユー)氏は同社のデベロッパーカンファレンスで「HarmonyOSは今年後半に出るテレビ受像機のようなスマートスクリーンデバイスで使われる」とコメントした。そして「今後の3年間で、世界で2番目に大きなスマートフォンベンダーであるファーウェイはHarmonyOSをそのほかの多様なデバイスに載せていく」とも言った。

このモバイルオペレーティングシステムはオープンソースだが、当面その可用性は中国に限定され、国際化は次の段階として予定している。

今日の発表から数か月前には、米政府がファーウェイと60社以上の関連会社をいわゆるエンティティリスト(敵対企業リスト)に載せて、アメリカの企業が彼らと取り引きすることを禁じた

その結果GoogleやIntelなど、スマートフォンに多くの重要な技術を提供している企業はファーウェイとのビジネスを中断することになり、同社の行く末が危ぶまれた。

延々と続いている米国と中国の貿易戦争はファーウェイの業績にも影を落としている。調査企業Counterpointによると、ファーウェイ製のスマートフォンの約半分が中国の国外で売れている。

同社は今日も、今後もAndroidを使い続けたいと繰り返したが、しかしその期待も空しければ、これからはHarmonyOSが公式のバックアップになる。

続編あり。

画像クレジット: FRED DUFOUR/AFP/Getty Images

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa