次期Apple Watchにはセラミック製とチタン製か

次の記事

Googleがモバイル学習アプリSocraticを買収してiOS版を再提供

Apple(アップル)は次期Apple Watch(アップルウォッチ)で、新材料となるチタンとセラミックをケース素材に使用するかもしれない。この情報は最新のwatchOSベータ版に基づくもので、ブラジルのサイトiHelp.br9to5Mac経由)が発見して報じた。ベータ版で明らかになった新たなスクリーンでは、セットアップでのApple Watchペアリングに使われるグラフィックが示されていて、そこにはモデルサイズの識別情報とともに“チタンケース”と“セラミックケース”と表示されている。

Appleは以前、シリーズ 2とシリーズ 3のモデルでセラミックのApple Watchをプレミアム価格で、そして黒と白のケースのオプションで提供していた。チタンはこれまでに使用していないが、この軽くて丈夫な金属は従来の時計メーカーの間では人気だ。というのもチタンは時計のケースの重量を大幅に抑えられ、それでいてプレミアムな外観と感触があるからだ。

昨年のApple Watchシリーズ4では2015年の投入以来、ボディデザインにおいて初の大きな変更があったにで、今年再び大きな変更をするというのはあまり考えられない。新たなデザインではケースが大きくなり(40mmと44mmで、旧世代では38mmと42mmだった)、そしてディスプレイの角が丸くなって、ベゼルもスリムになっている。

新しい材料のものを提供するというのは、Appleにとってはプロセッサーや部品に改良を加えつつ、著しく新たな外観の新ハードウェアを提供する手段となる。Appleはこれらをステンレス製とアルミ製のモデルとともに展開することが予想され、おそらく今秋にもリリースされる。もちろん、この新素材モデルは高価格になるだろう。

シリーズ4のApple Watchはパフォーマンス面で大きな改善が図られ、ECG(心電図記録機能)などの機能が加わった。しかしながら、Appleがより高機能なプロセッサーを採用してwatchOSをiPhoneから独立したものに改良しつつあることから、目を引く新たなルックスというのはAppleがシリーズ5で想定していることではないと考えられる。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)