TechCrunch Japan

【告知】TechCrunch Japanではライターと編集者を募集しています

次の記事

テスラがソーラーのレンタルで再生可能エネルギー事業を強化

みなさん、こんにちは。TechCrunch Japan編集統括の吉田です。現在、TechCrunch Japanでは業務拡大のため、ライターと編集者を募集しています。

ライター

ご存じのように、TechCrunch Japanではスタートアップ企業の資金調達や新サービスのローンチといった最新動向のほか、各企業や教育機関が研究中の先進テクノロジー、主に大企業が進めているオープンイノベーション戦略など、価値創造や社会問題の解決を目指すプロダクトやサービスを中心に取材し、記事を執筆しています。

今後、日本オリジナル記事の投稿数をさらに増やすことを考えており、取材を基に週に数本の原稿を書いていただけるライターを募集します。スタートアップ企業やさまざまな社会問題の解決、各企業の技術動向に興味がある方はぜび、tips@techcrunch.jpにご連絡ください。メールの件名は冒頭に【ライター応募】と記載のうえ、これまでの職務経歴と、執筆した記事のURLを5本ほど貼り付けてください。ウェブメディアでの執筆経験がない方は、どういった分野に興味があるかを詳しく教えてください。

編集者

カバーするジャンルはライターと同じですが、フルタイムで記事の執筆や編集、ウェブサイト運営、イベント運営に参加してもらいます。TechCrunch Japan編集部が主催するスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」ではモデレーターとして登壇してもらう予定です。勤務時間はフレックスタイム、月に4回までの在宅勤務も可能です。ちなみに現編集部は、出版社やウェブメディアでの編集・執筆経験があるスタッフ、TechCrunch Japanの翻訳者として業界に入り、その後編集者になったスタッフなどが在籍しています。

編集者は外部サイト(engage)で経験者限定で募集中です。さまざまな条件を記載していますが、本人のスタートアップ企業に対する情熱や、ウェブメディアやイベントを運営するモチベーションがなによりも重要です。

ライター、編集者とも若干名の募集となりますが、ご興味のある方はぜひご連絡ください。私達と一緒にスタートアップ企業、そしてテクノロジーを活用した新しいプロダクトやサービスを盛り上げていきましょう。

TechCrunch Japanが所属するベライゾンメディア・ジャパンのオフィス。編集者の席はすべてフリーアドレスです