アップルのLightningと一般的なUSB-Cの両方で使えるセキュリティキー

次の記事

Microsoftが開発中のChromiumベースの新しいEdgeブラウザがベータ版に

発表から2カ月近くも経った米国時間8月20日、YubicoがYubiKey 5Ciを発売した。これは、iPhoneやMacと、そのほかのUSB-C対応デバイスの両方をサポートするセキュリティキーだ。

最新のYubiKeyは、対応機種を広げようとしている同社の努力の一環でもある。その最初の成果は、1つのデバイスでApple(アップル)のiPhoneとiPad、そしてMacBookをサポートした。そして6月に同社は、特にApple以外の製品も使っているAppleユーザーのために、複数のプラットホームに対応するセキュリティキーを発表した。

そのセキュリティキーはキーリングに収まるほど小さくて、ネット上のアカウントにログインするときにはキーをデバイスに挿入すると、ユーザー本人が認証される。GmailもTwitterもFacebookも、この小さなデバイスをユーザー名とパスワードの後で使うニ段階認証用にサポートしている。ふつうのニ段階認証では、ユーザーの携帯に送られてくる短いコードを入力するが、セキュリティキーはそれよりもずっと強力な認証の仕組みだ。

だからセキュリティキーはほとんど全勝不敗のセキュリティとも呼ばれ、どこかの国家がやってるのも含めて、いろんな攻撃からユーザーを護る。

YubicoのチーフソリューションオフィサーJerrod Chong(ジェロッド・チョン)氏によると、今回の新しいセキュリティキーは「モバイルの認証システムが抱えている重要なギャップを埋める」という。特にユーザーが複数のモバイルデバイスを使ってる場合は、有効なセキュリティキーはそれ1つしかないから安全度が高い。

この新しいキーは、1PasswordやLastPassのようなパスワードマネージャーと一緒に使えるし、またセキュリティキーによる認証をサポートしているBraveのようなブラウザーでも使える。

関連記事
Cybersecurity 101: Two-factor authentication can save you from hackers(ニ段階認証はあなたをハッカーから護る、未訳)
サイバーセキュリティ強化のためにチェックすべきトップ5

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa