ビックロ
ビックカメラ有楽町店

ビックカメラがSIMフリーiPad発売へ、まずは有楽町と新宿東口ビックロの2店舗

次の記事

NASAが木星の衛星エウロパの「氷の海」探査ミッションを正式発表

ビックカメラは、SIMフリーのセルラー版iPadの販売を開始することを明らかにした。8月23日から有楽町店とビックロ(ビックカメラ新宿東口店)の2店舗で販売が開始される。購入できるの以下の3モデル。iPad miniのSIMフリーモデルは、これまでどおりアップルの直営店とオンラインストアのみとなる。

  • iPad Pro 12.9インチ(Wi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad Pro 11インチ(Wi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad Air第3世代(Wi-Fi+Cellularモデル)

これまでもSIMを搭載可能なセルラー版のiPadはビックカメラなどの家電量販店やドコモやau、ソフトバンクのキャリアショップなどで購入できたが、すべてキャリアロックがかかっており、基本的にはほかのキャリアのSIMを使うことができなかった。

キャリアロックがかかっているiPadをSIMフリー化するには、各キャリアの割引サービスなどに入らずに一括払いで購入して手数料を支払ったうえでロックを即日解除してもらうか、回線の契約から101日以降にユーザーの申請によってロックの解除が可能だった。

アップルの直営店かオンラインストアでしか買えなかったSIMフリーのiPadをビックカメラが取り扱うことで、海外出張が多いビジネスパーソンや格安SIMをiPadで使いたいユーザーにとっては購入場所の選択肢が増えたことになる。

ビックカメラでのiPadの購入はビックポイント(税込価格の1%程度)が付与されるほか、各種コード決済にも対応している。ビックカメラやコード決済各社のキャンペーンを活用すればアップル直営店よりも安価にiPadを入手できるはずだ。もちろん今後ユーザーとして期待したいのは、SIMフリーiPhoneの家電量販店での発売だ。