バーチャルタレント
どこでもVTuber
VTuber
バルス

xRテックのバルスが東京・銀座にバーチャルスナックをオープン

次の記事

Android 10からはお菓子の名前をバージョンの愛称にすることを廃止

バルスは8月24日から、バーチャルタレントが「ママ」として接客する会員制スナック「バーチャルスナック」を東京・銀座にオープンする。

バルスCEOの林 範和氏

バルスは、VRやARなどのxRテックのサービスを開発・提供する2018年1月設立のスタートアップ。池袋の映画館や渋谷のライブハウスなどで、バーチャルタレントの公開ラジオやライブを開催し人気を博している。例えば、9月21日の16時30分から東京・池袋のHUMAXシネマズで開催される「アメノセイ 1st LIVE -alone in the denshi-」は、1万9800円の特典付きプレミアムチケットがすでに売れ切れている。10月5日13時から東京・渋谷のVeats Shibuyaで開催される「富士葵 1st ソロライブ OVERTURE – 序曲 –」では6800円のチケットがすでに完売。なおバーチャルタレントは、同社所有のスタジオで高精度なカメラを利用したモーションキャプチャーによって動かしている。

バーチャルスナックは、東京・銀座にある「スナック十°」を隔週で借り切って営業。参加するには事前に同社のチケット販売サイト「SPWN」で税別4800円のチケットを購入する必要がある。このチケットは2ドリンク付きで、追加のドリンクは1杯1000円。ママへのドリンクは1杯2000円(特典付き)、ママへのリクエストは時価となる。チケットは20歳以上でないと購入できない。

風宮まつり

8月24日は、第1部が12時30分〜14時30分に開催され、風宮まつりがママを担当する。第2部は15時30分〜17時30分で、こちらのママは朝ノ瑠璃だ。その後、隔週土曜日の同じ時間帯に、さまざまなバーチャルタレントがママを務める。現在11月23日までスケジュールが決まっており、以降も続行していく計画だ。なお8月24日のチケットはすでに完売している。

朝ノ瑠璃

店内にはマイクとカメラが設置されており、もちろん双方向の映像と音声のやり取りが可能だ。店内ディスプレイにバーチャルタレントが映し出され、掛け合いを楽しめる。バーチャルタレントへのカラオケのリクエストなども可能。バーチャルタレントは、バルスが開発した「どこでもVTuber」と呼ばれるシステムを使って遠隔でママを務める。

実際に試してみたところ、違和感を覚えるのは最初の数分だけ。通信の遅延もほとんど気にならないので、自然なかたちで会話を楽しむことができた。バーチャルスナックは定員が10名程度と少人数で、バーチャルタレントと密度の濃いコミュニケーションを図れるため、ファンにとってはたまらないイベントになるだろう。

同社は、どこでもVTuberのシステムをバーチャルタレント向けだけでなく、法人向け接客ツールとしての販売も計画している。どこでもVTuberのシステムはノートパソコンとカメラ、マイクがあれば簡単に構築できるので、接客が必要な業務での採用が進めば、自宅はもちろん遠隔地で接客業務をこなすことができる。

ボイスチェンジャーも使えるので、性別や年齢も問わない。もちろん、メイクに時間をかける必要もない。バーチャルタレントは、エンターテインメントだけでなくビジネスの現場の働き方を変えるポテンシャルを秘めている。

どこでもVTuberのシステム。ノートPCとカメラ、マイクで構築できるので設置スペースをあまり取らない