ショーケース・ギグ
O:der Kiosk

JR東、セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」を駅ナカに初導入へ、池袋東口「R・ベッカーズ」で9/4より利用可能に

次の記事

Uberが暴露本記事を受け安全への取り組みを確約

世界各国のファストフード店などで導入が進む自立型セルフ注文端末が、首都圏の駅ナカでも使えるようになる。

ジェイアール東日本フードビジネスは8月26日、JR東日本スタートアップの協力のもと「R・ベッカーズ」池袋東口店に新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダーキオスク)」を導入すると発表した。JR東が駅ナカ店舗にO:der Kioskを導入するのはこれが初めてだ。9月4日より利用可能となる。

この注文端末の導入は、店舗側には、注文受付や会計業務の軽減や店舗オペレーションの効率化、省人化などのメリットがある。R・ベッカーズ池袋東口店においては1人分のレジ人員を削減できる見込みだという。また、顧客にとっては、レジの待ち時間の軽減、加えて注文した商品の調理進捗をデジタルサイネージで確認可能、などの利点が。O:der Kioskはクレジットカードや交通系電子マネーに対応している。現時点で対応言語は日本語のみとなっているが、今秋より英語版を追加予定だ。

「リテールテックJAPAN 2019」にて先行展示されたO:der Kioskのプロトタイプ

R・ベッカーズ池袋東口店では事前注文と決済が可能なモバイルオーダーサービスの「O:der(オーダー)」を導入済み。更にセルフ注文決済端末を導入する運びとなった同店舗を、JR東は「未来型店舗」と位置付けている。

JR東日本グループでは、今後も未来型店舗を増やしていくほか、端末の多言語化を計画している。

O:der Kioskは、JR東日本グループとShowcase Gig(ショーケース・ギグ)が共同開発した端末だ。Showcase Gigは3月、「リテールテックJAPAN 2019」にてO:der Kioskのプロトタイプを先行展示していた。

Showcase Gigは「O:der Kioskはインターネットに常時接続されており、各店舗に設置されている端末の設定をWebから行えたり、売上情報をリアルタイムに閲覧することができます。また、モバイルオーダーと同一のシステム上で動作しているので、O:der Kioskとモバイルオーダーサービスを併用して利用することが、既存の券売機にはない特長となります」とコメントしている。