充レン
京急
京浜急行電鉄

京急が品川駅高輪口にシェアリングサービス集約拠点「KEIKYU SHARING STATION」を設置

次の記事

米仏がフランスのテック大企業へのデジタル税で妥協

京浜急行は8月27日、複数のシェアリングサービスを利用可能な施設「KEIKYU SHARING STATION」の第1弾として、JR・京急品川駅高輪口にあるSHINAGAWA GOOSに設置することを発表した。

設置イメージ

SHINAGAWA GOOSは、京急が保有するビジネスホテルを核テナントとした複合商業施設。

SHINAGAWA GOOSで提供されるシェアリングサービスは、傘の「アイカサ」、モバイルバッテリーの「充レン」、自動車の「タイムズカーシェア」の3サービス。これらのサービスは24時間いつでも利用可能だ。

アイカサは、傘を1本70円、月額最大420円でレンタルできるサービス。充レンは、1日324円でモバイルバッテリーをレンタルできる。タイムズカーシェアは、オンラインでクルマをレンタル予約できるサービス。ガソリン代込みで15分206円から利用できる。

1日70円、1カ月最大でも420円で傘を使い放題になるサービス。LINEプラットフォームを利用しており、アイカサを友だちに追加するだけですぐに利用できる

メールアドレスとクレジットカードがあれば利用可能。充電ケーブルは、Lightning、USB-micro B、USB-Cを選べる。1泊2日のレンタルで324円。1泊追加するごとに324円の追加料金がかかる

スマホで予約して、キーレスでクルマを15分単位で利用できるカーシェアリングサービス。ベーシッククラスの車種は15分206円、プレミアムクラスの車種は15分412円でクルマを借りられる。このほか、入会金1550円、月額基本料金1030円がかかる

同社はSHINAGAWA GOOSを皮切りに、これらのシェアリングサービスを駅周辺施設へ順次導入していく予定だ。